災害時の停電のことを考え、対策・準備をしておきましょう。発電機などの防災グッズの販売もされています。

太陽光発電なら停電しても安心!

 

地震による電力危機の影響について

 

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震、通称「東日本大震災」では地震発生後の電力危機が深刻な問題としてクローズアップされました。
この大震災では津波などの影響によって東京電力の原子力発電所がその機能を失い、関東を中心とした東京電力管内で深刻な電力不足に陥る状況が続いたことで「計画停電」などの措置に踏み切る事態にまで発展しています。

 

大規模な地震が発生した場合、その揺れによる被害よりも時間差で押し寄せてくる津波による被害の方が深刻な場合が多く、特に海沿いや水辺に設置された発電所などは津波による被害を受けやすいとされています。

 

そのため、地震発生時には電力不足に陥るケースも視野に入れ、事前に発電機などの防災グッズを用意しておくのが無難です。

 

特に近年は発電所から供給される電力に頼ることなく電気を生み出す事が出来る「太陽光発電」に注目が集まってきており、今後も震災時の電力供給の要として太陽光発電に対する注目度は高まっていく事が予想されます。

 

 

停電しても太陽光発電があれば安心

 

東日本大震災が発生した後で深刻な問題にまで発展した電力不足ですが、その教訓を生かして近年では発電所に頼ることなく電気を生み出せる「太陽光発電」への注目度が高まりを見せています。

 

ソーラーパネルの家

太陽光発電とはその名のとおり太陽の光や熱を利用して行う発電方法の事で、主にソーラーパネルのような太陽電池を用いて電力を備蓄していきます。
太陽光発電は発電量が日照に依存しているため備蓄できる電力は不安定ですが、一方で太陽光さえあればいつでも発電可能なので温室効果ガスを発生させる事なく電力を確保する事が出来るというメリットがあります。

 

特に太陽光があればそれだけで電力を確保できるという点は防災の観点から非常に高い注目が集まってきており、最近では家庭向けのソーラーパネル式自家発電機を販売するメーカーなども現われています。