いつ起こるかわからない災害への対策を身につけておきましょう。

防災の基本と心構え

 

地球は生きているという言葉どおり、私達が生活を送っている地球上では現在でもさまざまな活動が行われています。
そして地球の活動によって起こり得る「自然災害」はいつでも私達の身に降り掛かる恐れがある為、常日頃から「防災」への意識を高めておくことは非常に重要となります。

 

地球上で起こり得る自然災害には実にさまざまなものが考えられますが、代表的な災害としては「地震」やそれによって引き起こされる「津波」、「台風」や「火山活動による噴火」などが挙げられます。

 

揺れる家

特に複数の地殻プレートが重なり合う地形の真上に位置する日本では「地震」による災害が頻発しており、現在もそのリスクを抱えたまま人々は生活を送っています。

 

日本でもっとも多い災害のひとつである地震に備えるためには何よりも防災意識を高めることが大切ですが、普段から行える防災対策としてはまず第一に「安全な土地に住居を構える事」が挙げられます。

 

地震が頻発する地形にある日本において100%安全な土地というのは存在しませんが、地震によって大きな被害を受けやすい「海岸線」や「高い建物が乱立する都市」を避けて住居を構える事で万が一の時でも被害を最小限に抑える事が可能となります。

 

また、地震によって水道管が故障したり家が倒壊するのを避けるために家のメンテナンスは定期的に行うようにしましょう。

水漏れ修理するならこちら

 

地震に限ったことではありませんが常日頃から「食料品や薬品などの備蓄をしておく事」も防災対策を考える上では非常に重要なポイントとなります。

 

 

 

防災意識をライフスタイルに組み込む

 

阪神淡路大震災や東北地方太平洋沖地震では実に数万人以上もの人々が命を落としてしまいましたが、こうした大規模な地震から自らを守るためには普段の生活に「防災意識」を組み込み、いつでも対応できる環境を整えておくことが大切です。

 

 

防災の基本は「自助」と「共助」、そして「公助」と言われています。
自助は文字通り「自分の命は自分で守る」という意味が込められており、共助は「自分の住む地域は自分達で守る」、公助という言葉には「自衛隊や消防、警察といった公的機関によって国を守る」という意味が込められています。

 

 

この中で個人が意識しておくべき項目は「自助」であり、自らの命を守るための備えは常日頃からしっかりと行っておくことが大切です。

準備をする女性

万が一の事態に備えて普段からやっておくべき対策としては「食料や薬品などの備蓄」や「地震が起きた際の避難先の確保」、そして「地震災害時の非難ルートの確保」などが挙げられます。

 

また、大規模な地震災害が起きた場合に高い確率で起こり得る「津波」に備えるため、海岸に近い地域に住む人の場合は近隣で「非難できる高台」を見つけておく事も非常に重要です。

 

これらの防災対策は普段から意識していなければ急な災害時に迅速な対応が出来なくなる恐れがあります。
そのため、防災意識をライフスタイルに組み込む為にも常日頃から防災グッズや食料の備蓄術などに興味を持ち、万が一の事態に備えた「イメージトレーニング」を行っておくことが大切です。

 

地震発生時の安全確認の手順

 

 

 

日本で地震が起き易い理由

 

世界でも有数の地震大国として知られる日本ですが、日本国内で地震が頻発する理由としては日本列島周辺に存在する4枚の「地殻プレート」が関係していると考えられています。

 

地球の表層は何枚もの地殻プレートで覆われており、このプレートがズレた時に地震が発生すると言われています。

 

日本列島周辺には実に4枚もの近くプレートが重なり合っており、地球の表層の動きが他の地域に比べて大きいので地震多発地帯となっているというわけです。
そのため、他の地域よりも大きな地震が起こる可能性の高い日本に住んでいる限りは常に地震への対策を意識しておく事が大切です。